家族葬の費用を知っておこう

家族葬の費用はどのくらいかかるのか

家族葬の費用はどのくらいかかるのか 近頃は家族葬という形のお葬式が多くなっています。このお葬式は、ご家族、親族、また故人が生前お世話になった方のみ、お葬式に参列していただくという形のものです。一般的なお葬式の場合、近隣の方々や個人の会社関係など所縁のある方も参列する事になりますが、参列していただく方々をご遺族が選択し参列していただく形になります。生前仕事で忙しくなかなかご家族と一緒の時間が持てなかった人や、療養期間が長くご家族とすごす時間が少なかった方などが家族葬にしてほしいと遺言をされることもあるようです。また日本のお葬式は諸外国と比較して費用が格段にかかることもあり、お葬式の費用を低く抑えるためにこうしたスタイルを選ぶという理由もあります。

お葬式にかかる料金としては一般的なお葬式の場合、平均して200万円以上かかるといわれ、平均以上の支出となったご遺族も少なくありません。お葬式本体にかかる料金よりも飲食代が大きくなることが多く、家族葬の場合には、お葬式に参列していただく人数そのものが少ないため、飲食代をおさえることでお葬式にかかる料金を低くできる場合があります。

実際にどのくらいの金額がかかるのか、首都圏となる東京、神奈川、千葉などの家族葬にかかる費用を見てみると、平均120万弱といったところです。もちろん利用する葬儀社によっても違いがありますし、地域によっても差があります。つまり家族葬にすることによって、80万近く下げることができると考えられるのです。ただし、通常のお葬式よりも逆に費用がかかってしまったという例もあります。お葬式はなかなか試算する事が難しいのですが、料金に関して、一般のお葬式とどのような違いが出てくるのか、よく理解しておくことも必要なのです。

故人がお亡くなりになる前に、葬儀社へお葬式は家族葬にするようにと実際に依頼しているということもあります。これは、自分が亡き後ご家族がお金の面で苦労がないようにという配慮からくるものです。ただ故人がこうしたお葬式の形を希望しても、またご家族が希望した場合も、親族から反対されることもありますし、参列することができなかった親族、ご友人から批判を浴びる事もあるようです。

そのため、家族葬を選択する場合には周囲の近しい人たちに趣旨を理解してもらうことも大切なのです。故人の最期のお別れが後味の悪いものになったり、親類との決別になるなどしたら故人もきっと心残りでしょう。費用の面などもよく考える必要がありますが、まずは、ご家族として周囲の方、ご親族の方々に趣旨をよく理解していただくために動くことも必要です。

お知らせ